GMATの練習

GMAT試験とか何か、またどのように実行されているかを理解することが大事です。

GMAT試験の訓練® は良いスコアを取得するために重要です。 こちらでGMAT対策の無料ソフトウェアを入手! GMATの準備を開始するための賢い方法はである自由GMATPrepソフトウェアをダウンロード。

GMATの試験の登録

GMATを登録するには、GMATのテストセンターを見つけ、利用可能なdate.You、アプリケーションの締め切り前に、GMATの試験日、最小21日の前6ヶ月までregistrerでき選択する必要があります。 GMATの受験登録は、オンラインまたは電話で提供されています。 私たちは、をご案内異なる登録オプション.

GMATのスコア

GMATスコアリポートには5つのスコアが含まれています:ライティング(AWA、総合分析能力テスト(Integrated Reasoning)、数学能力テスト(Quantitative/Math)、言語能力テスト(Verbal)および総合セクション。GMAT試験の総合セクションスコアは200〜800点数の間になり、数学能力テストと言語能力テストの結果に基づきます受験者の3分の2は通常400〜600点の間の点数を得ます。

GMAT - 経営大学院入学試験 2016

結果が優れているため、最も適切なテストだと言われています。The Graduate Management Admission Test® (GMAT®) は、世界のビジネスリーダーたちもビジネス学校の入学した時に歩んだ道であり、既に50年以上前から使われています。GMAT® の試験は経営修士レベルの勉強のために必要な学問能力を測定する特定のパソコン専用の査定です。50年間以上の研究の結果によると、GMATのスコアは最初の一年の学問的成功を推測には最も適切です。


GMATはたくさんの内実を知るよりは優れた推論能力を測定し、ビジネスや経営の知識があることを前提にしていません。GMATのスコア(結果)は世界中のビジネス学校で修士課程(MBA、経営修士、金融修士も含む)に入学するときに使用されております。

今日、世界中の5,700以上のプログラム は学歴、国籍、年齢、性別など関係なく、GMAT試験を将来の学生達の学問的ポテンシャルを比べるときに使用しています。

自分の調子や具合が一番良いときに試験受けるのがお勧めです。GMATのスコアは5年間有効なので、大学院入学は学部を卒業直後、または時間が経ってからするのがあなた次第です。今から5年間の間にビジネス学校に入学したいと思っているなら、なるべく早い時間にGMATを受けることがお勧めです - まだ学部に在学のとき、卒業直後、すなわち試験を受けることにまだ慣れているときにテストに進めるのが良いかと思われます。

試験は世界中に(110カ国以上)、毎日受けることができます。
あなたに一番近いGMATのテストセンターを検索し、今日こそGMATの登録をしましょう!


GMATテストの概要と測定されるところとは?

GMATの試験は大きく4つの部分に分けられています: Quantitative(数学的能力)、Verbal(言語能力)、Integrated Reasoning(統合推論)、Analytical Writing(分析的論述)です。試験は全部で3時間半かかりますが、随意の休憩時間を含めて4時間になります。試験のセクションの順番は以下の通りである:

1. Analytical Writing Assessment: 分析的論述(AWA)は30分間のエッセイ、Analysis of an Argument(討論分析)です。与えられた討論の諭旨を分析し、そしてそれについてクリティークを書くことです。討論のテーマは、一般的なビジネスに関するトピック、まは様々な科目から選択されます。エッセイのテーマに関する具体的な知識が必要されていません。分析的に記述できる能力が測定されています。個人的な意見を主張する論文ではありません。

2. Integrated Reasoning section: GMAT試験のユニークな統合推論セクションで大学や将来の雇う主にあなたの重要な能力を見せましょう。この30分間にわたるセクションは複数の形式と複数の資料のデータを評価する能力を測定する12問の問題からできています。測定される能力のいくつかは以下の通り: 関連する問題の関係を発見し、問題を解決するための解決情報編成、複雑な問題を解決するための情報結合、そして図式、テキスト、数字で表してある情報合成。それらの能力は経営勉強のために非常に重要であり、私達が住んでいるデータが豊富の環境にも役に立ちます。

3. Quantitative section: この75分間にわたるセクションは37問の問題からできており、数学的問題を解決する能力、定量的に推論する能力、並びに図形データを解釈する能力を測ります。このセクションは2種類の問題から出題されています - Problem Solving(一般計算問題)、そしてData Sufficiency(条件選択問題)。両方の問題種類には数学、基本代数学、基本幾何学の知識が必要です。基盤数学能力、並びに推論能力が測定されています。

4. Verbal section: この75分間にわたるセクションには41問の問題があり、あなたの読解や解釈能力、文章を理解する能力、討論を評価し、推論する能力が測定されています。さらに、標準英語を基盤に、文章の間違い探し問題も含めています。読解、文章の間違い探し問題、批判的推論の問題がこのセクションで混ぜています。

 

GMATのパソコン適応型とは?

GMATテストの数学的能力のセクションと言語能力セクションは多肢選択問題であり、受験者の個人的なレベルに調整してくれるパソコン適応型形式で行われます。一般的には、正解があればあるほど、テストが難しくなっていきます。問題に間違えて答えを出す場合、または無作為に答えを入れてしまう場合、それ以降の回答によって、あなたに適応したレベルに戻されます。パソコン適応型の特徴は、あなたに難し過ぎるか簡単過ぎる問題に時間を使わないことです。固定のテストより正確であり、テストの時間も節約できます。

 

ご注意 :パソコン形式の設定によって、問題に回答を出さないと、次の問題に進めることができません。問題を飛ばしたり、回答を変えたりすることも不可能です。

でGMATテスト 日本国

GMATのウェブサイト